京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

MENU

クリニックブログ

Blog

インプラントはこわくない!

時々インプラントは怖いと言われて諦めてしまう方がいらっしゃいます。 痛みに関しては、最中は全くないと思って頂いて大丈夫です。麻酔が切れたあと、次の日まではやはり少し痛みますが痛み止めでコントロールできる範囲です。 時間は、骨が十分にある場合では30分ほどで終わることがほとんどで、場所も普段治療を受けて頂いているチェアで受けることができます。麻酔も普段のむし歯治療と変わりません。 想像されていたよ...

続きを読む

なぜ歯石を取らないといけないの?

歯石除去でお口の中の環境を整えます 家庭での歯磨きとともに、お口の中の環境を改善するために行う基本的な処置です。 専用の器具で、歯面や歯の根の表面の歯垢(プラーク)・歯石・感染したセメント質や象牙質を除去して再び細菌が付かないようにします。この処置によって治療や予防がしやすくなります。   スケーリング 目に見える部分(歯冠部)や歯面に付いている歯垢や歯石、沈着物などを除去する処置で...

続きを読む

膿が溜まったらどうするの?

切開して膿を出し、消毒と服薬で炎症を鎮めます 歯の周りに膿が溜まって腫れた状態になることがあります。歯肉は赤く腫れて、表面が膿で白っぽく見えることもあります。 歯周膿瘍 歯周ポケットの中でプラーク中の細菌が原因で感染が起こると、ポケット内に膿が溜まります。 ポケットの入り口がふさがれると、行き場を失った膿は歯肉側に出てきて腫れとなって見えるようになります。指で押すと痛み、歯もぐらつく場合がありま...

続きを読む

歯周病の人は糖尿病になるリスクが2倍以上!!

歯周病は自覚症状の乏しい病気です 歯周病は、歯とお口の健康だけではなく、全身の健康と深く関わっていることが分かっています。 自覚症状の乏しい病気ですので、定期的にチェックを受け、常に良い状態を保つようにしましょう。 歯周病と心疾患 歯周病の人は健康な人に比べ、心疾患のリスクが「約2.8倍」と報告されています。歯周組織を破壊して体内に入り込んだ歯周病菌は、血流にのって心臓まで到達し、血管や心臓の弁...

続きを読む

定期的なメンテナンスで再発防止!

リコールを積極的に受けましょう! 歯周病の原因であるプラーク(歯垢)は、バイオフィルムと呼ばれる特殊なものです。歯ブラシだけでは落ちないので、特殊な器具を使って取り除きます。 歯の表面や歯肉にかくれている歯根に付いたプラークや歯石を取り除く基本的な治療によって症状が安定すると、歯周病の治療は終わりとなります。その後はホームケアを続けて様子をみます。 プラークは一定期間で元の状態に 歯周病の原因と...

続きを読む

1 2 3 4 5 17

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ