京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

MENU

クリニックブログ

Blog

「歯ぎしり」や「くいしばり」をしていませんか?

「歯ぎしり」や「くいしばり」のこと 「歯ぎしり」や「くいしばり」、歯の先端をカチカチ接触させたり、ギリギリと滑らせるといった無意識に行う運動が『ブラキシズム』です。ブラキシズムでは、歯や歯を支える組織(歯肉やあごの骨)にふつうに噛むときの3倍以上の力がかかるといわれます。 そのため症状がひどいと、歯の周りの組織に過重な負担がかかり、歯や歯肉やあごの骨といった組織が破壊されます。歯ぎしりくらいと軽く...

続きを読む

あなたのかみ合わせは大丈夫? 

噛み合わせと健康 それぞれの歯とあごの関節がバランスよくはまり合い調和して動くとき、良いかみ合わせになっています。 歯は、両隣やかみ合う相手と互いに支えあって歯列とかみ合わせをつくっています。 そのため、1本でも歯が抜けると、歯は上下左右に動き歯並びやかみ合わせは変わってきます。   悪いかみ合わせで困ること ■ 噛む機能の低下 ■ 顔のゆがみ ■ むし歯や歯周病になりやすい ■ 顎関節...

続きを読む

歯の一生

歯には一生の流れがあります。最初は小さな詰め物ですが、修復物には寿命があります。この図では銀歯の寿命が5.4年となっています。 これは歯と銀歯は固さが大きく違うため、すり減る量が違うので被せ物のすき間が早くできてしまうことが大きな原因です。治療する度にむし歯部分をさらに削るため、少しずつ大きな被せものへと交換されていきます。 このサイクルをできるだけ遅く緩やかにし、自分の寿命まで持たせることが重要...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ