京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

MENU

クリニックブログ

Blog

治療後に歯の痛みがおこるのはなんで!?

第二象牙質ができれば痛みは消えます むし歯の治療後に、「治療したはずなのに歯がしみて痛みますが大丈夫?」という問い合わせがあります。 こうした症状は歯の構造によるものなので、しばらくすると痛みは自然に消えます。 痛みが起きるのはなぜ? ● 治療前より刺激が神経に伝わるため むし歯の治療では、それ以上むし歯が拡がらないよう歯を大きく削ります。 治療した歯は、削った分だけ神経が近くなり、外からの刺激...

続きを読む

歯の神経(歯髄)の炎症

症状はズキンズキンとした激しい痛み 歯がズキズキ痛むときは、歯の神経(歯髄)の炎症が疑われます。放置すれば感染は歯髄全体に広がり、歯髄が腐ってしまいます。炎症は、さらに周囲の組織へと広がります。 歯髄は歯に栄養や酸素を供給する大切な組織です。できるだけ早く治療し、歯を生きた状態で残すようにします。 歯髄炎の症状の変化 歯髄が死んだり腐ったりしている歯でも、根の治療によって抜歯せずに歯を残すこと...

続きを読む

歯の神経と根の治療(抜髄)

大切な歯を残すための治療です 歯髄は、歯に栄養や酸素を運ぶ血管と神経などが集まった組織です。刺激に敏感で、外からの力や治療に使われた薬剤の刺激、むし歯の進行などによって炎症をおこします(歯髄炎)。 歯髄へのダメージから歯を救うためには、炎症をおこしている歯髄をとり除く処置(抜髄)が必要です。歯髄をとった後は、根の中を清掃し消毒を行う根の治療(根管治療)をし、炎症がおさまったら修復治療に進みます。 ...

続きを読む

歯髄が死んでいる根の治療(感染根管治療)

病巣を治して歯を救います! 歯髄は、歯に栄養や酸素を運ぶ血管と神経などが集まった組織です。むし歯や歯周病が悪化すると、歯髄全体が死んでしまうことがあります。この状態を放置すると、根の先端から周囲の組織(歯根膜)に感染が広がります(歯根膜炎)。 また、一度治療したはずの歯の根に細菌が侵入し、根の先端に病巣ができてしまうことがあります。 このようなときには、死んだ歯髄を完全にとり除いて炎症を鎮める 「...

続きを読む

医療費控除の基礎知識

歯科医院での治療費も対象です! 医療費控除は、自分自身や家族のために支払った1年間の医療費の総額が10万円を超えた場合、確定申告をすれば所得控除(税金の還付)を受けることができる制度です。  医療費控除の対象は… ●歯科医師に支払った診察費または治療費 ●治療または療養のために必要な医薬品の購入費など ・通院費や医療用器具等の購入代や賃借料など通常必要なもの ・診察や治療を受けるために直接必要な義...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 19

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ