京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科クリニック|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科クリニック

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科クリニック|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科クリニック

MENU

クリニックブログ

Blog

歯周病治療のプロセス

治療には「時間」と「努力」が必要です! 歯周病の治療は、重度になるほど病状が安定するまでに時間がかかります。 途中で中断せず、最後までがんばって治療を受けてくださいね。 ...

続きを読む

歯肉の赤い腫れと出血

スケーリングと正しいブラッシングで健康な歯肉に 歯肉が赤く腫れて触るとブヨブヨし、歯を磨くと出血することがあります。これは、歯肉に炎症が起きている「歯肉炎」で、疲労やストレスなどで体の抵抗力が衰えたときなどに発症します。 ●歯肉炎の状態で治しておきましょう● 歯肉炎は炎症が歯肉にだけ起きている状態ですが、痛みがないからと放っておくと、顎の骨(歯槽骨)が炎症で溶けてしまう歯周病に進んでしまいます。...

続きを読む

歯周病の進行と症状

歯周病は自覚症状がほとんどありません 日本人の中高年層の8割は、歯肉に問題をかかえています。 歯磨きの際には歯肉の状態をチェックする習慣をつけ、歯周病の進行に気をつけてください。 ...

続きを読む

歯周病の始まり

『歯周病』は歯を失う原因のナンバーワンです! 歯の表面には毎日ネバネバした膜状の物質「歯垢(プラーク)」ができ、歯と歯肉の間に溜まっていきます。 歯垢1mgには約1億個の細菌が含まれています。 体の抵抗力が衰え細菌の活動が抵抗力を上回ると、歯肉は炎症を起こします。 歯肉の炎症をそのままにして手入れを怠っていると、炎症は悪化し、歯と歯肉が剥がれて「歯周ポケット」ができます。 歯垢はこの中にますま...

続きを読む

6歳臼歯(第一大臼歯)の萌出

6歳臼歯は歯並びの“軸” 乳歯から永久歯へと生えかわるとき、最初に生える永久歯が“第一大臼歯”です。6歳前後に生えてくるので『6歳臼歯』ともいいます。 子どもは一人では十分にお口のケアができません。周囲の大人が気をつけて、第一大臼歯をむし歯から守ってあげてください。 第一大臼歯は、歯並びやかみ合わせの良い永久歯列を完成させるうえで重要な役割を果たします。 この歯が正しい位置に生えていないと、他の永...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 10

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ