京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科クリニック|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科クリニック

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科クリニック|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科クリニック

MENU

クリニックブログ

Blog

歯の矯正治療はなぜ必要?

歯並びを改善してより健やかに美しく!

矯正治療の目的は、見た目の美しさだけでなく、歯と口そして全身の健康増進にあります。

矯正治療では、治療を受ける方の努力が結果に影響します。矯正治療がなぜ必要か、きちんと理解してゴールを目指しましょう。

■むし歯や歯周病になりやすい
歯列がデコボコしていると、歯の重なったところや歯肉との境目に通常より汚れが溜まります。歯ブラシの毛先も届きにくく、どうしてもお手入れが不十分になります。
歯並びの悪い方のお口は、むし歯や歯周病が発症しやすい環境になりやすいのです。

■正しい発音ができない
多くの場合、舌や口の周りの筋肉の動きにも問題があります。
舌足らずな発音や、「サシスセソ」などの摩擦音が上手にできません。

■咀嚼に障害を起こします
食べ物を噛み砕くことが十分にできないことがあります。
その結果、栄養摂取の効率が悪く、ときには胃腸を壊すことにもなります。

■顎関節症を起こす
歯並びやかみ合わせの悪さからあごの関節に負担がかかり、口が開かない、あごの関節音がする、口やあごの周囲の筋肉が痛む、といった顎関節症の症状を起こしやすくなります。

■人格形成の問題
歯並びの悪さを気にするあまり、劣等感が強くなって、人前で話すことが苦手になる方や引け目を感じて消極的になる方がいます。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ