京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

MENU

クリニックブログ

Blog

口呼吸の害とその改善について

Pocket

口で呼吸していませんか?

無意識で口をポカンとあけている方を見かけます。このような方は口呼吸をしています。
最近の研究から、口呼吸が様々な健康トラブルの原因となっていることが分かりました。

口呼吸による害

口呼吸は唾液の働きを弱め、困った症状をひき起こします!

●口が乾く(ドライマウス)
口を絶えずあけているために唾液が蒸発し口が乾燥します。
●のどが炎症を起こしやすい
空気中の細菌やウイルスがのどの粘膜や気管を直撃します。
●前歯の着色
ていねいに歯磨きをしても前歯がすぐ茶色くなります。
●むし歯や歯周病になりやすい
唾液の殺菌、抗菌、清浄作用が低下し、口の中はむし歯や
歯周病になりやすい環境です。
●いびき
口を開けて寝ていると、舌根が気管を塞ぎいびきを
かきます。
●皮膚疾患の重症化
唾液の殺菌作用が低下し細菌やウイルスが付きやすい
からと考えられます。
●口 臭
口の中の炎症のせいで口が臭います。

口呼吸の改善

口の周りの筋肉の衰えや未発達があると、唇を閉じていることができずに口呼吸になります。
唇を閉じる筋肉を鍛えるトレーニングによって、口呼吸から鼻呼吸に改善します。
■ 口をつぐんだ時、あなたの舌の先は…
舌先が下の歯の裏に付く方は、唇の筋肉が弱くなっています。ふだん口をあけていませんか?

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ