京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科・矯正歯科|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科・矯正歯科

MENU

クリニックブログ

Blog

歯肉の赤い腫れと出血

Pocket

スケーリングと正しいブラッシングで健康な歯肉に

歯肉が赤く腫れて触るとブヨブヨし、歯を磨くと出血することがあります。これは、歯肉に炎症が起きている「歯肉炎」で、疲労やストレスなどで体の抵抗力が衰えたときなどに発症します。

●歯肉炎の状態で治しておきましょう●

歯肉炎は炎症が歯肉にだけ起きている状態ですが、痛みがないからと放っておくと、顎の骨(歯槽骨)が炎症で溶けてしまう歯周病に進んでしまいます。
歯肉炎の原因は歯と歯肉の間に溜まるプラーク(細菌のかたまり)です。スケーリングでプラークと歯石を除去すれば治りますのでこれ以上悪くならないようにしましょう。

再発防止の決め手は家庭でのブラッシング

■定期的に歯石やプラークを除去しましょう。
■歯肉が赤くなってきたら、歯と歯肉の境目を丁寧にブラッシングします。
歯と歯肉の境目に毛先を入れて、小刻みに歯ブラシを動かします。
■歯肉炎は再発しやすいので、日頃から歯肉の様子を観察しましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ