京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科クリニック|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科クリニック

  • 〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町28
ご予約 / お問い合わせ
075-771-4826
お問い合わせフォーム

京大病院近くの歯医者|聖護院やぎ歯科クリニック|京大病院・神宮丸太町駅聖護院やぎ歯科クリニック

MENU

クリニックブログ

Blog

歯の治療に時間がかかる理由

削って詰めれば終わり!…ではありません むし歯の治療は、削って詰めてオシマイ…と思っていませんか? 確かにむし歯の歯1本は“治った”かもしれません。しかし、その歯は、本当に“機能を回復している”のでしょうか? 歯はたとえ1本でも、かみ合わせと深く関係しています。かみ合う相手の歯がなければ歯としての機能を果たせません。 そのため私たちは、削ったり詰めたりする前に周りの歯や歯肉の状態を調べ、あなたのお...

続きを読む

治療した歯の方がむし歯になりやすい?

  • 2021年1月18日
「痛みがでたら神経を取らないといけないですね」などと言われた経験はございませんか。 歯の中には神経があります。歯の神経のことを「歯髄」と呼びます。むし歯細菌が歯髄までたどり着いてしまうと、炎症を起こしズキズキとした痛みが出てきます。これを「歯髄炎」といいます。 こうなってしまうと痛みが引かないため、歯だけでも残すためにやむを得ず神経を取らせていただきます。放っておいても治ることは絶対にありません...

続きを読む

ドライマウスにご用心

お口の乾きは病気かも…? 近年、口の乾きや唾液が出ないといったドライマウス(口腔乾燥症)を訴える人が増えています。ドライマウスを放置すると、むし歯、歯周病、口臭などが悪化し、お口の健康が損なわれます。 ドライマウスの判定は…? 安静時と刺激時の唾液分泌量を測定して 判定します。 ■ 安静時唾液 1.5ml/15分間(15分間の唾液量)以下 ■ 刺激時唾液 10ml/10分間(ガムを噛んだときの唾...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ